お得に贅沢体験

エリアを選択
  1. LUXA TOP
  2. 【ROOTS厳選商品】
  3. てらおか風舎の能登ワインカレー 2個セット

【2個セット】石川県が誇る名産「能登ワイン」と希少な「能登牛」のミンチを煮込んだキーマ風カレー。まろやかな口当たりとワインの香りがふわっと広がる、贅沢で上品な味わい《てらおか風舎の能登ワインカレー 2個セット》

販売価格

1,728

購入する

残り時間

あと 34時間 1032

魅力的な他のチケットも販売中!

販売規約

【購入条件】
・購入できる枚数:1枚~5枚
【配送条件】
送料648円※沖縄は1,728円
(おまとめ配送1回ごとに送料がかかります)
発送日3~4営業日後(購入日含む)
※12/28~1/3は出荷休業期間のため、営業日には含まれません
配送業者ヤマト運輸、佐川急便
日付指定
以下の日付は指定できません
01/01
時間指定
不可地域海外
おまとめ配送
【梱包について】
・商品に同梱する納品書から価格を削除する場合は、購入画面で「納品書から価格を削除する」にチェックをいれてください
【購入からお届けまで】
・おまとめ配送は、一緒にご注文いただいた商品の一番遅い出荷日に合わせて発送されます。そのため、日時指定が無効となる場合がございます
・購入時にご登録いただいた住所へ商品をお届けします(別途発送依頼を行う必要はありません)
・異なる場所へ配送する場合は、お届け先ごとに購入手続きを行ってください
・お住まいの地域や天候等によりお届けが遅れる場合がございます
【返品・交換等】
・ご注文完了後のお客様都合による返品・キャンセル・交換不可
・届いた商品に万が一、汚損・破損等があった場合、または注文と異なる商品が届いた場合は、商品お届け後5営業日以内に下記店舗窓口までお問い合わせください
・住所不備、受取拒否、長期不在等により弊社へ商品が返送された場合、再配達やキャンセル(ご返金)はいたしかねます。ご注意ください
・商品に不具合がある場合、弊社にて状態確認を行ったうえでご対応させていただきます。
お問い合わせ後、弊社からご連絡を差し上げるまで、お手元の商品は破棄せず保管をお願いいたします。
商品状態の確認ができない場合には、返品・交換等のご対応をいたしかねますので、ご了承ください。

現在販売中の特集

現在販売中

能登名産の能登ワインと生産量が極めて少なく希少な能登牛を煮込んでつくられた「てらおか風舎の能登ワインカレー」2個セット。ワインの香りと肉のコクがたまらない逸品。

詳細

■ てらおか風舎の能登ワインカレー 2個セット
・厳選された希少な能登牛をふんだんに使用した「てらおか風舎」のレトルトシリーズ
・石川県が誇る名産、能登ワインと能登牛のミンチを煮込んだキーマ風カレー
・能登名産の能登ワインのヤマソーヴィニヨンをマッシュルームなどの具材と漬け込み、さらに希少な能登牛のモモやバラをミンチ状にして煮込んだ贅沢なワインカレー
・まろやかな口当たりとワインの香りが口の中にほのかに残る上品な味
・自慢の能登牛がたっぷり溶け込み、肉のコクと旨みにも納得の逸品
・レトルトカレーの域を超えた美味しさ


商品詳細
商品名てらおか風舎の能登ワインカレー
内容量2個(1個あたり200g)
原材料名牛肉(石川県産)、野菜・果実(玉葱、りんご)、小麦粉、マッシュルーム、食用油脂、砂糖、ワイン、肉エキス、カレー粉、食塩、トマトケチャップ、チャツネ、澱粉、香辛料、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、酸味料、香料、(原材料の一部に大豆、鶏肉を含む)
※商品の改訂等により、商品パッケージの記載内容と異なる場合があります。
アレルギー特定原材料小麦
※特定原材料に準ずるものは記載しておりません
賞味期限2019年5月10日
保存方法直射日光を避け、常温で保存してください。

ご注意いただきたい事項
・この商品はレトルトパウチ食品です。
・商品受け取り後、必ずその日のうちに開梱し、商品の状態をご確認ください。
・写真はイメージです。


世界一長いベンチのある町・志賀町


縄文時代や弥生時代、古墳時代の遺跡が多く見つかる志賀町。奈良・平安時代には、大陸の渤海国(現在のロシア、中国、北朝鮮あたり)との交流があり、藩政期には、福浦港は北前船の西廻り航路の寄港地として栄え、遊女が愛しい船員との別れを惜しみ、腰巻をかけて時化(荒天)を願ったと伝わる腰巻地蔵や日本最古の木造灯台である旧福浦灯台が今も残っています。


また、その昔、能登の地に織物の業を広めた、鹿島郡能登比め神社の祭神、渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)が、織機を背負って山越えの際、途中で山賊に遭い、思わず織機を海中に投げたところ、こつ然としてそれが岩に変じたという伝説の機具岩(はたごいわ)も名所の一つ。

室町時代に建立された松尾神社本殿などが国指定の重要文化財となっているほか、夏から秋にかけては、町内のいたるところで祭りが行われるシーズンとなり、堀松の綱引き祭り、数十基のキリコ(奉灯)が繰り出す八朔祭礼、県内で最も古い歴史を持つ太鼓打競技大会などの伝統行事や獅子舞、太鼓が伝承されています。


そして志賀町を語る上で外せないのは「世界一長いベンチ」。増穂浦海岸にある、全長460.9メートルのとても長いベンチ。「日本海に沈む夕日を見てほしい」、そんな地元住民の思いを受けて、1987年に延べ830人のボランティアの手で組み立てられ、1989年には世界一長いベンチとしてギネスブックに掲載されました。ベンチ付近は「サンセットヒルイン増穂」と呼ばれ、夕日の名所になっています。

能登牛を全国ブランドに

大正時代、鳥取より農耕用として導入された牛が現在の能登牛の元祖です。「能登牛」の出荷頭数はほぼ一貫して増加していますが、年間約5,000頭を全国に出荷する近江牛や約4,000頭を出荷する松阪牛など、全国のブランド牛と比較すると、能登牛の生産量は極めて少ないです。そのため「幻のブランド牛」とも言われ、県外の飲食店などの要望にすべて応えることはできていない状況にあります。石川県内においては、その希少性から同等品質の県外銘柄牛と比較して2~3割高い価格で取り引きされています。

「能登牛」が育てられているのは、世界農業遺産に認定された「能登里山里海」の美しい自然と風土の中。澄みきった青空とやさしい風土の中で、肉質のきめが細かく美味しい味を引き出すため丹精込めて育てられています。

その美味しさの秘密はオレイン酸です。オレイン酸は、牛肉の風味(美味しさ)に最も影響を与えるとされる物質で、一般には、コレステロール値を下げる働きがあるとされるなど、健康につながる成分として知られています。近年はこうした美味しさに直接関わる質の向上が課題となっており、オレイン酸は今後の品種改良の方向の一つとしても注目度が高い成分です。

「能登牛」と認可されるのは、「能登牛銘柄推進協議会」の証明を受けた牛のみ。中でも血統が明確なことや、石川県内で最長飼養された黒毛和種であること、格付けがA3、B3等級以上であることなどの厳しい条件を満たすものだけに限られています。また、能登牛として認定された牛(枝肉)には、「能登牛証明書」が発行されます。それには、当該牛の証明番号、出荷先、と畜年月日、能登牛番号、格付け、子牛登記番号および個体識別番号が記入されています。その中でも、「寺岡畜産」ではA4・A5等級の最優良ランクの牛を中心に扱っており、能登牛の精肉(加工肉は除く)の販売には、「能登牛証明書」が付けられています。

免責事項
・当サービスでは、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合などにより、販売中に商品の仕様(規格、容量、パッケージ、原材料、原産国など)が告知なく変更され、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報が異なる場合がございます。
・ご使用前には、お届けした商品のパッケージやラベルに記載されている注意書きなどを必ずご確認ください。

店舗情報

商品販売元 
株式会社ルクサ
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日
お問い合わせ
https://luxa.jp/lx/inquiry/

こちらもお見逃しなく

ページの先頭に戻る