お得に贅沢体験

エリアを選択
  • エンタメ
  • 森ノ宮(森ノ宮ピロティホール) エリアの商品

【先行販売/三浦春馬・大島優子ほか出演】ドストエフスキーの傑作『罪と罰』が、舞台作品として現代に甦る。気鋭の英国人演出家フィリップ・ブリーンと実力派キャストがタッグ《罪と罰/全席指定》

販売価格

11,000

購入する

50枚 購入済み

残り時間

あと 376時間 1829

販売規約

【購入条件】
・購入できる枚数:1枚~制限なし
・チケットはお1人様1枚必要です
公演当日は、お送りした公演チケットを持ってお越しください
・未就学児のご入場はお断りしております
【配送条件】
送料648円
(注文1回ごとに送料がかかります)
発送日01月23日~01月30日
配送業者佐川急便
日付指定×
時間指定
不可地域三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山 以外
おまとめ配送×
【購入からお届けまで】
・購入時にご登録いただいた住所へ商品をお届けします(別途発送依頼を行う必要はありません)
・異なる場所へ配送する場合は、お届け先ごとに購入手続きを行ってください
・お住まいの地域や天候等によりお届けが遅れる場合がございます
【返品・交換等】
・ご注文完了後のお客様都合による返品・キャンセル・交換不可
・届いた商品に万が一、汚損・破損等があった場合、または注文と異なる商品が届いた場合は、商品お届け後5営業日以内に下記店舗窓口までお問い合わせください
・住所不備、受取拒否、長期不在等により弊社へ商品が返送された場合、再配達やキャンセル(ご返金)はいたしかねます。ご注意ください
・商品に不具合がある場合、弊社にて状態確認を行ったうえでご対応させていただきます。
お問い合わせ後、弊社からご連絡を差し上げるまで、お手元の商品は破棄せず保管をお願いいたします。
商品状態の確認ができない場合には、返品・交換等のご対応をいたしかねますので、ご了承ください。
【その他】
・転売および換金不可
・購入後の返品・キャンセル不可
・他サービス券、キャンペーン、特典などとの併用不可
・当日ご来場いただけなかった場合も、チケットのキャンセル(返金)はできませんので、あらかじめご了承ください
・チケット購入完了後の日時変更は承っておりません

現在販売中の特集

現在販売中

ドストエフスキーの名作小説『罪と罰』を、気鋭の英国人演出家フィリップ・ブリーンが舞台化。“正義”のためなら人を殺す権利があると考え、殺人を犯す主人公の青年ラスコリニコフを三浦春馬が演じます。彼と心を通わせる娼婦ソーニャには、3年ぶり3度目の舞台出演となる大島優子。その義理の母親カテリーナに麻実れい、主人公を追いつめる捜査官ポルフィーリに勝村政信。「人間が生きるとは何か」を繊細に描いた名作を、実力派キャストが現代に甦らせます。

詳細

2019年2月9日(土)18:30開演

販売中

2019年2月13日(水)13:00開演

販売中

2019年2月14日(木)13:00開演

販売中

2019年2月15日(金)18:30開演

販売中

2019年2月16日(土)18:30開演

販売中

ページを表示した時点の販売状況です
“正義”のために殺人を犯した青年の心情を、繊細に描写する
【 罪と罰/全席指定】


シアターコクーンが海外の才能と出会い、新たな視点で挑む演劇シリーズ「DISCOVER WORLD THEATRE」の第5弾。今回はロシア文学の傑作長編小説『罪と罰』を取り上げます。演出は、2015年にシアターコクーンプロデュース公演『地獄のオルフェウス』で日本での演出家デビューを華々しく飾り、2017年12月にはテネシー・ウィリアムズの最高傑作『欲望という名の電車』で大竹しのぶらキャスト陣の熱演を導きだしたフィリップ・ブリーン。DISCOVER WORLD THEATREでの演出は3度目となります。戯曲は自身が2016年に書き下ろしたものをベースとして、日本公演のために再構築します。

“正義”のために殺人を犯した青年ラスコリニコフを演じるのは三浦春馬。ブリーンとは2度目のタッグで「世界中どこを探しても彼の他には考えられない」と絶大な信頼を得ています。主人公と心を通わせる娼婦ソーニャには、三浦と初共演となる大島優子が挑みます。

若者の自分探しの物語でもありながら、当時のロシアの貧困生活、その絶望感と格差社会への怒り、さらには心の拠り所としての信仰や哲学的な問いかけなど、多彩なテーマを持った同作。豪華キャストと注目の演出家は、この文学大作をどのように魅せていくのでしょうか。どうぞご期待ください。

フィリップ・ブリーン コメント
シアターコクーンにて、私が新しく翻案したドストエフスキーの『罪と罰』を初演できることを嬉しく思っています。東京で作品を創るたびに、この特別な国際的コラボレーションにおける可能性を広げてきました。『罪と罰』は、世界文学の最高峰と言われる作品の1つであり、ラスコリニコフは最も象徴的な登場人物の1人です。このような作品で、三浦春馬さんともう一度コラボレーションし、この旅路を一緒に歩んでいけることを嬉しく思います。『地獄のオルフェウス』で初めてご一緒し、彼の素晴らしい俳優としての可能性がわかりました。そして実際、彼は素晴らしい俳優になり、今回その類い稀なる感情の幅を持ってこの象徴的な役を演じることをとても楽しみに思っています。脚本家としても、この役を演じてもらいたいと思う俳優は、世界中どこを探しても彼の他には考えられません。この戯曲は、7年間まるで心臓の鼓動のように私の中に生き続けてきた、私がずっと大切にしてきた戯曲です。今回この作品を日本の最も素晴らしい若き俳優の1人に託すことを本当に嬉しく、とても楽しみに思っています。

ストーリー
舞台は帝政ロシアの首都、夏のサンクトペテルブルク。頭脳明晰な貧乏青年ラスコリニコフ(三浦春馬)は自分が「特別な人間」として、 「人類が救われ、その行為が必要ならば、法を犯す権利がある」という独自の理論を持っていた。

そして強欲で狡猾な質屋の老婆を殺害し、奪った金で世の中のために善行をしようと企てている。 そんな中、酒場で出会った酔っぱらいの退職官吏、その後妻カテリーナ(麻実れい)ら貧乏な家族を見ると質入れで得たお金をすべて渡してしまうのであった。 ついに殺害を決行するが偶然居合わせた老婆の妹まで手にかけてしまい、罪の意識、幻覚、自白の衝動に苦しむことになる。 そうして意識を失い数日間も寝込んだ彼を親友ラズミーヒン(松田慎也)が見守り、 結婚のため上京してきた妹ドゥーニャ(南沢奈央)と母プリヘーリヤ(立石涼子)も心配をする。

一方、老婆殺人事件を追う国家捜査官ポルフィーリ(勝村政信)はラスコリニコフを疑い心理的に追い詰めていき、 さらに謎の男スヴィドリガイロフ(山路和弘)の登場に翻弄されていく。そして退職官吏の娘・娼婦ソーニャ(大島優子)の家族のためへの自己犠牲の生き方に心をうたれたラスコリニコフは……。

Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019
DISCOVER WORLD THEATRE vol.5
罪と罰


原作
■ フョードル・ドストエフスキー

上演台本・演出
■ フィリップ・ブリーン

翻訳
■ 木内宏昌

美術・衣裳
■ マックス・ジョーンズ

出演
■ ラスコリニコフ:三浦春馬
■ ソーニャ:大島優子
■ ドゥーニャ&リザヴェータ:南沢奈央
■ ラズミーヒン:松田慎也
■ スヴィドリガイロフ:山路和弘
■ プリヘーリヤ&アリョーナ:立石涼子
■ ポルフィーリ:勝村政信
■ カテリーナ:麻実れい

真那胡敬二 冨岡弘 塩田朋子 粟野史浩 瑞木健太郎 深見由真 奥田一平
高本晴香 碓井彩音

ミュージシャン
大熊ワタル(クラリネット) 秦コータロー(アコーディオン) 新倉瞳(チェロ)

公式HP
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E020749-1.html

会場
森ノ宮ピロティホール
住所:大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5

アクセス
http://www.piloti-hall.jp/gekijyo/access.php
・JR大阪環状線「森ノ宮駅」より徒歩5分
・地下鉄 中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」2番出口より徒歩2分

注意事項
・座席はあらかじめ決められておりますので指定はできません(先着/申し込み順ではございません)。
・座席についてのお問い合わせはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
・未就学児の入場はお断りしております。
・一般発売は12月16日からとなります。

店舗情報

商品販売元 
株式会社ルクサ
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日
お問い合わせ
https://luxa.jp/lx/inquiry/

こちらもお見逃しなく

閲覧履歴

ページの先頭に戻る