お得に贅沢体験

エリアを選択
  • エンタメ
  • 日比谷(シアタークリエ) エリアの商品

【先行販売/全館貸切/最前列から11列目以内/舞台挨拶あり/桜井玲香(乃木坂46)、森公美子など豪華出演】シアタークリエ発ミュージカル10年の集大成《ミュージカル レベッカ/全席指定/2019年1月14日(月・祝)》

販売価格

12,500

購入する

残りわずか

223枚 購入済み

残り時間

あと 442時間 51

魅力的な他のチケットも販売中!

販売規約

【購入条件】
・購入できる枚数:1枚~制限なし
・チケットはお1人様1枚必要です
公演当日は、お送りした公演チケットを持ってお越しください
・ギフト利用:不可
・未就学児のご入場はお断りしております
【配送条件】
送料648円
(注文1回ごとに送料がかかります)
発送日12月21日~12月28日
配送業者佐川急便
日付指定×
時間指定
不可地域栃木、群馬、茨城、新潟、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡 以外
おまとめ配送×
【購入からお届けまで】
・購入時にご登録いただいた住所へ商品をお届けします(別途発送依頼を行う必要はありません)
・異なる場所へ配送する場合は、お届け先ごとに購入手続きを行ってください
・お住まいの地域や天候等によりお届けが遅れる場合がございます
【返品・交換等】
・ご注文完了後のお客様都合による返品・キャンセル・交換不可
・届いた商品に万が一、汚損・破損等があった場合、または注文と異なる商品が届いた場合は、商品お届け後5営業日以内に下記店舗窓口までお問い合わせください
・住所不備、受取拒否、長期不在等により弊社へ商品が返送された場合、再配達やキャンセル(ご返金)はいたしかねます。ご注意ください
・商品に不具合がある場合、弊社にて状態確認を行ったうえでご対応させていただきます。
お問い合わせ後、弊社からご連絡を差し上げるまで、お手元の商品は破棄せず保管をお願いいたします。
商品状態の確認ができない場合には、返品・交換等のご対応をいたしかねますので、ご了承ください。
【その他】
・転売および換金不可
・購入後の返品・キャンセル不可
・他サービス券、キャンペーン、特典などとの併用不可
・当日ご来場いただけなかった場合も、チケットのキャンセル(返金)はできませんので、あらかじめご了承ください
・チケット購入完了後の日時変更は承っておりません
・本チケットの転売が確認された場合、購入された会員様にご連絡させていただくことがございます
・本チケットを主催が定めた販売店以外で購入された場合、ご入場をお断りすることがございます
・来場の際、身分証明書をご提示いただく場合がございます

現在販売中の特集

現在販売中

2008年4~6月、シアタークリエのオープニング・シリーズを飾ったミュージカル『レベッカ』が、記念すべき開場10周年ラインナップのファイナルを飾ります。南仏で出会ったマキシムと「わたし」。二人は結婚してマンダレイの屋敷に住むが、そこはマキシムの亡くなった先妻「レベッカ」の影に支配されていた。秘密を抱え一人苦しむマキシムと、彼の新しい妻として懸命にマキシムを支える「わたし」、レベッカ亡き後も彼女を崇拝するダンヴァース夫人。3人をめぐる関係を軸に、マンダレイを揺るがす衝撃の結末へ―。

詳細

2019年1月14日(月・祝)18:00開演

残りわずか

ページを表示した時点の販売状況です
2019年1月14日(月・祝)18:00開演 シアタークリエ全館貸切公演決定

今も彼女はここにいて、わたしを見ている―
シアタークリエ10周年記念公演
【ミュージカル レベッカ/全席指定】


~全館貸切公演ご購入者限定・特別の特典をご用意~
終演後、出演者による舞台挨拶がございます。
最前列~前方11列目以内の良席になります。


『レベッカ』は、20世紀前半から活躍した女流小説家ダフネ・デュ・モーリアが1938年に発表した同名小説を原作とし、1940年にはサスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックが映画化。20世紀が生んだゴシック・ロマンの金字塔を、ミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)、シルヴェスター・リーヴァイ(音楽/編曲)のヒットメーカー・コンビが2006年にミュージカル化。人間の愛憎が生み出す疑いや迷いを余すところなく描く濃密な脚本、登場人物の心理をダイナミックかつ幻想的な旋律で綴る名曲の数々。10年の時を経て、あの傑作ミュージカルが再びシアタークリエに戻ってまいります。

ミュージカル レベッカ

STORY
■ 代々受け継がれてきた広大な屋敷や土地、“マンダレイ”を所有する上流紳士マキシムと、アメリカ人富豪の世話係の仕事をする「わたし」は、モンテカルロのホテルで出会う。先妻レベッカの事故死の影を引きずる彼は、忘れていた心の安らぎを与えてくれた「わたし」を見初める。身分も年齢も離れた二人。叶わぬ想いとあきらめていた「わたし」だったが、いつしか芽生えていた彼への愛を信じプロポーズを受ける。

つかの間のハネムーンも終わり、マンダレイに着いた二人を出迎える召使いたちの中に、レベッカに幼少時から仕え、今も家政婦頭として屋敷を取り仕切るダンヴァース夫人がいた。「わたし」に向けられた軽蔑に満ちた冷たい視線の先には、いたるところにレベッカの面影が残っているのだった。上流階級の生活をスタートさせた「わたし」だったが、自分の居場所を見つけられずにいた。“絶世の美女”と呼ばれたレベッカに対する劣等感は日ごとに強くなってゆく。

そんな暗い心を打ち消すために、「わたし」はマキシムにお願いをして仮装舞踏会を主催する。新妻を見るために大勢の招待客がマンダレイに集まる。パーティーに心躍らせる「わたし」が屋敷の大階段の下で待つマキシムの前に現れると華やかな雰囲気は一変する。その一部始終を見ていたダンヴァース夫人は、歪んだ狂喜の笑みを浮かべるのだった...。

出演
■ マキシム・ド・ウィンター:山口祐一郎
■ 「わたし」:桜井玲香
■ フランク・クロウリー:石川禅
■ ジャック・ファヴェル:吉野圭吾
■ ベン:tekkan
■ ジュリアン大佐:今拓哉
■ ジャイルズ:KENTARO
■ ベアトリス:出雲綾
■ ヴァン・ホッパー夫人:森公美子
■ ダンヴァース夫人:保坂知寿
■ アンサンブルキャスト(男女別五十音順)
朝隈濯朗、奥山寛、後藤晋彦、武内耕、田中秀哉、福永悠二、池谷祐子、樺島麻美、島田彩、柳本奈都子、山田裕美子

脚本・歌詞
■ ミヒャエル・クンツェ

音楽・編曲
■ シルヴェスター・リーヴァイ

原作
■ ダフネ・デュ・モーリア

演出
■ 山田和也

公式HP
https://goo.gl/3AJ7Ls

会場
シアタークリエ
住所:東京都千代田区有楽町1-2-1

アクセス
https://www.toho.co.jp/stage/theatre_crea/access.html
日比谷シャンテ地下2階より地下鉄と直結
・千代田線 日比谷駅 A13出口 徒歩2分
・日比谷線 日比谷駅 A5 出口 徒歩3分
・地下鉄銀座駅 C1出口 徒歩5分
・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩7分

注意事項
・座席はあらかじめ決められておりますので指定はできません(先着/申し込み順ではございません)。
・座席についてのお問い合わせはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
・一般発売は2018年10月27日からとなります。

店舗情報

商品販売元 
株式会社ルクサ
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日
お問い合わせ
https://luxa.jp/lx/inquiry/

こちらもお見逃しなく

閲覧履歴

ページの先頭に戻る