お得に贅沢体験

エリアを選択
完売しました
  • レストラン
  • 落ち着ける空間
  • ディナーのみ
  • 曳舟・亀戸 エリアのチケット

【江戸切子を体験/暗闇坂 宮下系列店】自分で創ったぐい呑みで味わう、格別の日本酒1献を。打ち立て “江戸蕎麦” とともに夏の涼を堪能《そばと季節料理のコース》歴25年超の切子職人の伝統技に触れる

ルクサ特別価格

10,000

完売しました 再入荷通知を受け取る場合はこちら

6枚 購入済み

残り時間

あと 363時間 485

販売規約

【有効期限】
Sat Jul 14 00:00:00 JST 2018~Sat Sep 08 00:00:00 JST 2018
【利用条件】
・1グループ2~3名で利用可(チケットは人数分必要です)
・ギフト利用:可
・チャージ代なし
・サービス料なし
・レストランのラストオーダーは22:00まで

【利用可能日】
※7月14日(土)、8月11日(土)、9月8日(土)限定のチケットです
【購入条件】
・購入できる枚数:2枚~3枚
【予約】
・事前予約:不要
【提示条件】
・「清秀硝子工房」、「江戸蕎麦 僖蕎」どちらも来店時に「購入者氏名」「チケットID」を伝えてください。伝えていない場合、本サービスは利用できません
・このチケットは紙に印刷してお持ちいただくか、携帯電話で表示し、店頭で提示してください
【その他】
・転売および換金不可
・購入後の返品・キャンセル不可
・他サービス券、キャンペーン、特典などとの併用不可
追加のご注文には別途料金がかかります(現金払いのみ)
・当日ご来場いただけなかった場合も、チケットのキャンセル(返金)はできませんので、あらかじめご了承ください
・チケット購入完了後の日時変更は承っておりません

現在販売中の特集

現在販売中

江戸風情の残る亀戸で、伝統工芸・江戸切子のぐい呑み作りを愉しんでみませんか。今回ご紹介するのは「江戸切子体験+手作りぐい呑みと味わう懐石コース」です。指導を担当するのは日本の伝統工芸士に認定された職人・清水秀高氏。本物の工房・道具を使って、江戸切子を構成する工程をすべてご体験いただけます。涼やかなぐい呑みが完成したら、名店「暗闇坂 宮下」系列店である「江戸蕎麦 僖蕎(キキョウ)」へ。できたてのぐい呑みに日本酒を注ぎ、美しい懐石コースをご堪能ください。自身の手で創り上げる、格別の “夏の涼” をどうぞ。

詳細

7月14日(土)(完売しました)

再入荷通知

8月11日(土)(完売しました)

再入荷通知

9月8日(土) (完売しました)

再入荷通知

ページを表示した時点の販売状況です
チケット内容
■ 江戸切子ぐい呑み作り体験
歴25年超の切子職人・清水氏の直々の指導を受けて、ぐい呑みに切子細工を施します。ガラスにデザインを印す「割り出し」からカットを施す「粗摺り・三番掛け」、仕上げの「磨き」まで、江戸切子を構成する5つの工程をすべてご体験いただけます。
■ そばと季節料理のコースの夕食
日本料理の名店「暗闇坂 宮下」の系列店「江戸蕎麦 僖蕎」にてお食事を満喫。作ったばかりのぐい呑みで日本酒を味わいながら、和が薫るモダン空間にて同店自慢の懐石コースをご満喫いただけます。

当日の流れ
14:00~ 「清秀硝子工房」で江戸切子ぐい呑み作り体験
現地に集合していただきます。
※服装について:「汚れても良い格好」「動きやすい靴」でお越しください。
■ 清秀硝子工房 電話番号:03-6659-5117
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸5-13-11
アクセス:JR総武線亀戸駅北口を出て、約5分
 ↓
16:00~17:00頃 体験終了
 ↓
「江戸蕎麦 僖蕎」へ移動
東武亀戸線 亀戸駅 ⇒ 曳舟駅へ移動します。(別途電車代150円/IC144円)
■ 江戸蕎麦 僖蕎(キキョウ) 電話番号:03-6658-8462
住所:〒131-0033 東京都墨田区向島5-27-10 Sビル
アクセス:東武伊勢崎線/亀戸線 曳舟駅 西口 徒歩10分
 ↓
19:00~ お食事


江戸切子ぐい呑み作り体験


江戸庶民が愛した「江戸切子」とは

ガラスの表面にカットを入れることで、美しい紋様を施す江戸切子。薄く軽やかで、実用性のある仕上がりが特徴です。その歴史は江戸末期・1834年に遡り、江戸のびいどろ職人・加賀屋久兵衛が編み出した彫刻技法から始まったといいます。当時は頑丈なソーダガラス素材が使用され、庶民の手によって発展してきたそうです。

江戸切子の奥深い世界を体感
手磨きにこだわる「清秀硝子工房」


素材はソーダガラスから、柔らかで加工しやすい柔らかいクリスタルガラスに。仕上げは手磨きから、薬品に漬けて手軽にできる酸磨きに...そんな効率性を追求する時代のなかで「ソーダガラス」を使い、「手磨き」にこだわり続けているのが「清秀硝子工房」です。

カットの形や角度に合わせて丁寧になぞっていく「手磨き」は、シンプルなように見えて熟練の技術が試される工程。手磨きで仕上げられた江戸切子は、酸磨きのものに比べ、カットの鋭角が丸みを帯びると清水氏は語ります。手磨きならではの柔らかな手触りに、江戸切子の奥深い世界を感じられることでしょう。

「江戸切子協同組合」組合員。
日本の伝統工芸士に認定された本物の職人
清水秀高氏


高校卒業から15年の修行を積み、2007年に独立し「清秀硝子工房」をオープンしたという清水秀高氏。現在認定を受けているのはわずか17名のみという「江戸切子協同組合」に所属する、選り抜きの江戸切子の伝統工芸士です。また、ディズニー公認のミッキーマウスの江戸切子も製作。体験など工房を広く開き、職人の技・伝統工芸の魅力を伝え続けています。

清水秀高氏のメッセージ
伝統工芸品とは、日常的に使う物であり、飾り物ではないと考えております。近年ではすべてにおいて機械化が進み、手作業で仕上げる品物は高価になってしまいましたが、日常的に伝統工芸品を使うことでいつもの食事をより美味しく感じていただきたい。清秀が思う江戸切子は、料理やお酒を引き立てる名脇役であることです。

■ 清秀硝子工房 電話番号:03-6659-5117
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸5-13-11
アクセス:JR総武線亀戸駅北口を出て、約5分。
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
http://kiyohide.com/

「江戸蕎麦 僖蕎」にてお食事

日本料理の名店「暗闇坂 宮下」の系列店
格子の陰影が美しい和空間

江戸時代から花街として栄える向島の路地に佇む、どこか心惹かれる縦格子の外観が印象深い「江戸蕎麦 僖蕎」。麻布で愛される日本料理の名店「暗闇坂 宮下」の系列店です。店内は、江戸の粋にこだわる洗練された空間。和が薫る格子越しに眺める外の景色は、いつもと違った表情に。心豊かな時間が流れる東京のモダン空間で、江戸の粋を感じるひとときをお愉しみください。

北海道から直送で仕入れるそば粉使用
自家製 二八蕎麦を江戸前辛口だれで

店名にも冠されている「蕎麦」は、ぜひ味わって欲しい逸品。職人が丹精込めて打つ自家製の二八蕎麦を、江戸伝統の辛めのかえしとともに提供します。雄大な自然に恵まれた北海道の大地で育ったそば粉を使い、打ちたてを茹でるコシのある自家製麺は、豊かな香りとつるりとした食感が魅力です。

また、季節ごとの鮮魚や新鮮野菜など旬素材を産地から直送で仕入れ、熟練の職人技で仕立てる懐石料理も自慢。料理を彩る器は、すべて特注で取り揃え、随所に和の情緒を感じることができます。


【コース内容】

日本酒1献
※ソフトドリンクへの変更も可能です。ただし差額の返金は承れません。

花街向島で愉しむそばと季節料理のコース 全8品
料理の内容は一例です。
季節や仕入れ状況などにより変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
■ 先付
本日の逸品
■ 八寸
白木彩り八寸盛
■ 造里
鮮魚二種盛り
■ 焼物
旬魚の焼物
■ 温物
季節の逸品
■ 揚物
海老の天麩羅
■ 蕎麦
せいろ蕎麦
■ 甘味
本日の甘味

※追加注文の料金は別途店舗にてお支払いください。
※上記写真はイメージ画像のため、実際にお出しする料理とは異なる場合がございます。

店舗情報

店名
江戸蕎麦 僖蕎(キキョウ)
電話番号
03-6658-8462
住所
〒131-0033 東京都墨田区向島5-27-10 Sビル
アクセス
東武伊勢崎線/亀戸線 曳舟駅 西口 徒歩10分
営業時間
ランチ 11:30~14:00(L.O.)
ディナー 17:00~22:00(L.O.)
定休日
月曜日
URL
https://goo.gl/YMrkAm

こちらもお見逃しなく

閲覧履歴

ページの先頭に戻る