お得に贅沢体験

エリアを選択

【福をもたらす味覚の王者下関ふく】一瞬で恋に落ちる時めきを。薄くきれいなふく刺しは透明な芸術《ふく刺しやふくチリ鍋など/おまかせコース全10品+ひれ酒+日本酒2杯》62年の歴史は“流行る”より“愛される”味となる

ルクサ特別価格

8,000

購入する

10枚 購入済み

残り時間

あと 96時間 409

販売規約

【有効期限】
Tue Mar 14 00:00:00 JST 2017~Tue Jun 13 00:00:00 JST 2017
【利用条件】
・1グループ2~4名で利用可(チケットは人数分必要です)
・ギフト利用:可
・お1人様1回限り利用可
・チャージ代なし
・サービス料15%がチケットに含まれていますが、追加のご注文は別途サービス料15%をいただきます
・1日3組まで
・ディナータイムのみ利用可
・最終入店は19:30まで、ラストオーダーは21:30まで
・12歳未満のお子様は利用不可
・全席禁煙となります
【購入条件】
・購入できる枚数:2枚~4枚
【利用可能日】
祝前
××
※GWの営業については店舗へお問い合わせください
【予約】
・事前予約:必要
・1営業日前までに要予約
・予約受付は、03月13日より開始いたします
・予約が混み合う場合はご希望の日時に添えない場合がございます。特に有効期限最終月(5月・6月)は混み合いますのでお早目のご予約をおすすめします
・予約の変更・取り消しはご利用日の1営業日前の営業時間内までにご連絡をお願いします
・予約の際は、はじめに本チケット利用の旨をお伝えください
・14:00~17:00の間がお電話が繋がりやすいです
予約の受付はチケット有効期間の1週間前までとなります
・予約変更は1回まで
・座席指定不可
・貸切などの予約がある場合は、ご利用になれません
ご予約はお電話にてお願いいたします。WEBサイトからご予約いただいた場合、本チケットはご利用になれませんのでご注意ください
【提示条件】
・予約時に「購入者氏名」「チケットID」を伝えてください。伝えていない場合、本サービスは利用できません(予約不要のチケットは利用時にお伝えください)
・このチケットは紙に印刷してお持ちいただくか、携帯電話で表示し、店頭で提示してください
【その他】
・転売および換金不可
・購入後の返品・キャンセル不可
・他サービス券、キャンペーン、特典などとの併用不可
・ご予約日の1営業日前の営業終了以降の変更・キャンセル、無断キャンセルはチケット失効となります
・短パン・サンダル・各種軽装はご遠慮ください
追加のご注文には別途料金がかかります(現金払いのみ)

現在販売中の特集

現在販売中

この道62年。日本橋で下関ふくを取り扱うのが「日本橋 山田屋」。 時代の流れとともに日本橋の風景も変わっていく中、「山田屋」だけは変わらず”愛される”お店で居続けています。古き良き雰囲気を感じる店内で、ふく料理、そして日本料理の奥深さを一品一品に込めながら堪能することができることでしょう。

詳細

歴史情緒あふれる日本橋。江戸時代には大名屋敷や蔵屋敷が立ち並び侍の町と言われていたほど。そんな日本橋も歴史の流れとともに姿を変え今では多くの金融機関や商業施設が立ち並びます。

そんな中で、下関ふく専門店として創業62年の歴史を持ちながらも姿を変えることなく実直にお客様と向き合ってきたのが「日本橋 山田屋」である。今でも日本橋をはじめとした企業の方々に接待や会食で使われることの多い老舗でもあります。

古き良き時代を感じる「日本橋 山田屋」が今回ご提供するのは「おまかせコース」。まずは店主自ら仕上げる「先付け」と「前菜」から始まります。見た目の美しさはさることながら、味わい深くふくへの期待を高めてくれます。

ここから下関ふくを堪能する時間。まずはふく皮と出汁の効いた自家製の「煮凝り」にはじまります。透き通る美しさと出汁の旨みを感じ取れることでしょう。

次に続くのは”美しい”という言葉がふさわしい「ふく刺し」。下関ふくを匠の技法で薄く美しく仕上げていきます。コリッとした触感とポン酢やもみじおろし、刻みねぎとともにお楽しみください。

ふくを堪能する間に店主自ら打つそば粉100%の「十割蕎麦」をお出しいたします。続くふく料理に負けない豊かな風味とのど越しを愉しむことができるでしょう。

ふく料理も佳境へと近づいていきます。後半はふくの淡泊さと肉肉しい味わいを味わえる「ふく唐揚げ」。ヒレ酒や厳選された日本酒との相性も抜群です。

ふくを刺し、揚げ、ヒレ酒などで楽しんだ最後は「ふくチリ鍋」と「ふく雑炊」でメインを飾ります。ぶつ切りにしたふくと野菜の旨みを鍋で堪能。その後はふくと野菜の旨みが染み込んだ出汁で雑炊を作っていきます。

このラインアップに「満足」いくこと間違いなしでしょう。希少性の高い下関ふくを老舗「日本橋 山田屋」にてお楽しみください。

歴代著名人と下関ふくの関わり
・ 北大路魯山人(美食家)
「ふくの代用になる美食は私の知る限りこの世の中にはない」と談じたのが下関ふくである。
・ 松尾芭蕉(俳諧師)
始めのうちは、ふくを食べなかったのですが、ふくの美味さには勝てなかったらしく、 結局食べてしまったと言われるほどの美味しさ。
・ 小林一茶(俳諧師)
ふくの毒を用心して50歳になるまでふくを食べなかった。しかし、一度食べた途端、ふくのおいしさに感動し、ふくの歌を残すまでとなる。
・ 伊藤博文(初代内閣総理大臣)
「下関のふくには毒を見ぬ」。この一言から下関ふくは全国区となりました。

本場の「ふく」を本場の腕前で「福」きたる
”福”をもたらす幸福な魚「下関ふく」

下関ではふぐを「ふく」と呼ぶ。「ふぐ」は「不遇」を連想させ、「ふく」は「福」につながるというの説があるためである。下関ふくは、荒波を乗り越えながら厳しい環境の中で育つため、筋肉質で身が締まり、非常に強いコリコリとした歯ごたえを味わうことができます。また、ふく特有の淡泊な白身も上品な味わいに仕上がります。

ひれ酒+お好きな日本酒2杯
※仕入れの状況により銘柄が変更になる場合があります。

《ひれ酒》
高級な下関ふくのひれを使用。店主が一枚一枚丁寧に捌き、天日で乾燥させることで、日本酒の中に香ばしく焼いたひれの香りが漂い気持ちよくほろ酔い気分になれることでしょう。


《店主厳選の日本酒2杯》
※ビール、焼酎などへの変更も可能です。直接店舗でご相談ください。
※ソフトドリンクへの変更はできません。

【新潟】
・ 八海山 特別本醸造
(言わずと知れた新潟の名酒。国産米55%精米)

・ 純米 緑川
(端麗な中にうまみを残した非常に飲みやすさが特徴。冷やで上品な香りをお楽しみください)

【徳島】
・ 純米酒 阿波山田錦六十火入 麗峰 丹澤山
(1年以上熟成した1杯。阿波山田錦100%使用)

おまかせコース全10品
※料理の内容は一例となりますので、あらかじめご了承ください。

■ 先付け
ほうれん草のおひたし

■ 前菜
もずく酢、菜花、鱧板

■ 煮凝り
透明感のある煮凝りは出汁の効いた味わいを堪能することができます。 コラーゲンが豊富で乾燥肌の方には特におすすめです。

■ ふく刺し
”美しき”芸術。ふく刺しの先にあるお皿が見えるほどの透明感にも関わらず、コリッとした力強い歯ごたえを愉しむことができます。ポン酢ともみじおろし、刻みねぎで頂きます。

■ 十割蕎麦
主人自ら打つそば粉10割手打蕎麦。風味豊かでのど越しが良く、風味とコシのある味わいをお楽しみ頂けます。

■ ふく唐揚げ
ふくの淡泊な白身の味わいとジューシーな肉肉しさを堪能していけます。塩や酢でいただきますが、ゆず粉や山椒、七味などで食べるのもおすすめです。

■ ふくチリ鍋
ぶつ切りにしたふくを贅沢に鍋で堪能。ふくの淡泊な味わいと野菜の旨みを満足のいくまでお楽しみください。ふく刺し同様ポン酢ともみじおろし、刻みねぎで頂きます。

■ ふく雑炊
〆はふくの旨みが存分に染み渡る出汁で作る雑炊。ふくを最後まで美味しくいただける贅沢な雑炊です。

■ 香の物
食事とともにさっぱりとお楽しみください。

■ デザート
食事の最後は甘味をお楽しみいただき、コースを終えていきます。


その他ドリンクメニュー(例)
■ 生ビール(アサヒ熟撰) 696円
■ ひれ酒 1,218円
 追加酒 696円
 追加ひれ 522円
■ 冷酒 1,218円
■ 焼酎グラス(芋・麦) 609円
■ ウイスキー(竹鶴) 609円
■ ソフトドリンク 435円

※苦手な食材などがございましたら、予約時にお申し付けください。
※追加注文の料金は別途店舗にてお支払いください。
※上記写真はイメージ画像のため、実際にお出しする料理とは異なる場合がございます。

店舗情報

店名
日本橋 山田屋
電話番号
03-3271-2031
住所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-15
アクセス
地下鉄各線 日本橋駅 B3出口 徒歩1分
営業時間
11:30~13:30(L.O.13:30)
17:00~21:30(L.O.21:30)
定休日
日・祝
URL
http://www.nihonbashi-yamadaya.com

こちらもお見逃しなく

閲覧履歴

ページの先頭に戻る