お得に贅沢体験

エリアを選択

椎茸専門店が作る大分県産の肉厚シイタケをたっぷり使った佃煮《椎茸こんぶ角煮》大きな角煮シイタケの食べ応え、シイタケ&昆布の溢れる旨み、上品な味付けがやみつき。ご飯のお供、おつまみ、お茶請けにおすすめです

販売価格

1,080

購入する

55枚 購入済み

残り時間

あと 2時間 4918

魅力的な他のチケットも販売中!

販売規約

【購入条件】
・購入できる枚数:1枚~制限なし
【配送条件】
送料540円※沖縄は1,620円
(おまとめ配送1回ごとに送料がかかります)
発送日03月31日~04月04日
配送業者ヤマト運輸
日付指定
時間指定
不可地域海外
おまとめ配送
【梱包について】
・商品に同梱する納品書から価格を削除する場合は、購入画面で「納品書から価格を削除する」にチェックをいれてください
【購入からお届けまで】
・おまとめ配送は、一緒にご注文いただいた商品の一番遅い出荷日に合わせて発送されます。そのため、日時指定が無効となる場合がございます
・購入時にご登録いただいた住所へ商品をお届けします(別途発送依頼を行う必要はありません)
・異なる場所へ配送する場合は、お届け先ごとに購入手続きを行ってください
・お住まいの地域や天候等によりお届けが遅れる場合がございます
【返品・交換等】
・ご注文完了後のお客様都合による返品・キャンセル・交換不可
・届いた商品に万が一、汚損・破損等があった場合、または注文と異なる商品が届いた場合は、商品お届け後5営業日以内に下記店舗窓口までお問い合わせください
・住所不備、受取拒否、長期不在等により弊社へ商品が返送された場合、再配達やキャンセル(ご返金)はいたしかねます。ご注意ください
・商品に不具合がある場合、弊社にて状態確認を行ったうえでご対応させていただきます。
お問い合わせ後、弊社からご連絡を差し上げるまで、お手元の商品は破棄せず保管をお願いいたします。
商品状態の確認ができない場合には、返品・交換等のご対応をいたしかねますので、ご了承ください。

現在販売中の特集

現在販売中

大分産シイタケの専門商社が作るこだわりの佃煮「椎茸こんぶ」です。

詳細



■ 椎茸こんぶ角煮/1個(150g)
・大分産シイタケの専門商社が作る椎茸こんぶ
・大分県産の厚肉椎茸と北海道産角切り真昆布の絶妙なハーモニー
・6:4の割合でシイタケが昆布より多く、このバランスがこだわり
・塩分を抑えた秘伝の醤油タレをベースに、シイタケ&昆布の旨みが絶妙なバランスで一体化
・ご飯はもちろん、おつまみやお茶請けにもおすすめ

◇バイヤーおすすめの理由。ここが“ニッポンのこころ粋”!◇

1.シイタケと昆布の佃煮はもともと好きですが、たいてい昆布の印象が強いものが多いような気がします。でも、上田椎茸専門店のそれは、肉厚な角煮シイタケの食べ応えに一口食べて驚きました。味付けも上品で、ついつい手が伸びるやみつき佃煮です。
2.椎茸専門店ならではのシイタケへの並々ならぬこだわりは、一口食べれば多数のファンが付いているのも納得。シイタケと昆布の渾然一体となった旨みのハーモニーに魅せられます。

※写真:上田 和宏さん(三代目店主)


商品詳細
商品名椎茸こんぶ角煮
原材料乾しいたけ(大分県産100%)、昆布、醤油(大豆、小麦由来)、食塩、砂糖、味りん、保存料(ソルビン酸K)、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、増粘多糖類、カラメル色素
※商品の改訂などにより、商品パッケージの記載内容と異なる場合があります。
アレルギー特定原材料小麦
※特定原材料に準ずるものは記載しておりません
内容量1個(150g)
保存方法冷暗所にて保存
賞味期限製造日より4ヵ月
生産地大分

ご注意いただきたい事項
・写真はイメージです。
・お客様のご都合や長期ご不在による配達センターでの保存によって傷みが発生した場合の返品・交換の対応はいたしかねます。あらかじめご了承ください。
・商品受け取り後、必ずその日のうちに開梱し、商品の状態をご確認ください。

“日本一”を誇る大分県産の乾シイタケ

梅雨から夏にかけて雨が多くて湿度が高く、真冬は雪が降り寒さが厳しい大分県の山間部。肉厚で香りの良いシイタケを栽培するにはぴったりの気候です。さらに、大分県のシイタケ生産者は、何代にもわたって優れた育成方法を受け継いでおり、特にシイタケの種コマを原木に打つ「伏せこみ」や、栽培後のシイタケを乾燥する技術には一段と秀でています。



また、乾シイタケ生産量は全国一の生産量を誇り(国内生産量の48%を占める)、「全国乾椎茸品評会」61回のうち、47回の団体優勝を獲得しています。このような理由から大分県のシイタケは、生産量・品質ともに“日本一”と言えるのです。

大分県特産シイタケにこだわる専門店

上田椎茸専門店は、1947年(昭和22年)に初代の上田龍二郎氏が、大分県の特産品である椎茸の専門店 として別府に開業しました。開業当初よりシイタケの佃煮、からし漬けなどの佃煮を製造販売していましたが、昭和20年代から40年代にかけては、乾燥椎茸を商いの中心にしていました。



その後、昭和50年代に入ると先代の上田好子氏が時代の流れを汲んで再び佃煮などの加工品に力を入れるようになり、初代の真心がこもった手作り製法はそのままに、塩分を抑え、柔らかくまろやかな味わいの「椎茸こんぶ」を、1978年(昭和53年)に世に送り出しました。大分産シイタケの中でも色、つや、香りにこだわって厳選したものだけをぜいたくに使った「椎茸こんぶ」は、それ以来、地道ながら着実に固定のファンを増やしているのです。

伝承六十余年。「椎茸こんぶ」ができるまで

【大分県産乾シイタケの中でも原料を厳選 】

同店の佃煮の原料となるシイタケは100%大分県産。さらに色つやが良く、新しく、香りが良い「香信(こうしん)」シイタケを厳選します。「香信シイタケ」は柔らかくなりやすいので、肉厚で煮物に向く「どんこシイタケ」よりも佃煮には最適なのです。


【上品な味わいへとシイタケを丁寧に煮る】

厳選したシイタケを水に一晩ほど漬け、かさの部分を手作業で刻みます。柄の部分は、固く味が無いため使いません。刻んだシイタケを地元醤油メーカーの醤油とみりんなどの調味料に浸し、火をかけて沸騰した状態が写真の通りです。時間をかけてじっくり味を染み込ませながらも、辛くないよう仕上げるのが腕のみせどころです。


【昆布と合わせて釜でじっくり炊き上げる】

シイタケと同じ要領で柔らかく煮立てた昆布と一緒に混ぜ合わせて仕上げますが、火が通り過ぎないようなるべく手早く混ぜ合わせることが大切です。 昔ながらのお釜で、手作業で一日掛けてじっくり炊きあげるこれらの工程は、創業時より代々変わらず受け継がれています。


【冷まして自慢の逸品が出来上がり】

白く立ちのぼる湯気と甘辛い香りが食欲をそそる現場。炊き上がった佃煮を広げて冷ませば、自慢の「椎茸こんぶ」のできあがりです。

店舗情報

商品販売元
株式会社ルクサ
営業時間
10:00~18:00
定休日
土・日・祝日
お問い合わせ
https://luxa.jp/lx/inquiry/

こちらもお見逃しなく

閲覧履歴

ページの先頭に戻る